海外業務では実務経験が重視されるそうです。輸入業務では、語学力や事務経験、海外との取引を行う企業での勤務経験なども採用時のプラス要素となるかもしれません。取引先の相手国により必要とされる語学は異なりますが、現状は英語による取引が多く見られるようです。分からない単語はリフレーミング辞書で調べましょう。